【注目】国内と海外でVISAデビットカードの普及率ってどうなの?

[最終更新日]2018/10/09

こんにちは、Credit Geekです! 今回は国内と海外でのVISAデビットカード普及率について調査してまとめました!

 

 【発行数No.1】三菱UFJ-VISAデビット

三菱UFJ,VISA,デビットカードbottan01スマホbottan01PC

三菱UFJ-VISAデビットは、デビットカードユーザーの中でも最も人気のあるデビットカードとなっており、通常1080円(税込)かかる年会費も初年度年会費無料、次年度以降も10万円以上の利用(約月8,000円の利用)で年会費が無料になっています。また、15歳〜23歳(中学生は除く)までは年数に関わらず年会費が無料となっているのに、不正利用時の補償なども付いているため、海外留学などでも1枚持っておくと重宝するデビットカードです。

年会費 入出金手数料 振込手数料 ポイント還元率
 1080円 0円 0円  0.2%
還元方法 審査 海外利用手数料 ポイント貯蓄度
キャッシュバック  108円
(海外事務手数料:
取引金額の3.0%)
 

※利用ATMや利用時間・取引銀行などによっては手数料がかかる場合もあります。

メリット
  • 初年度年会費無料で持てる!
  • 月々0.2%〜0.5%のキャッシュバックサービスあり!
  • 不正利用時の保証付き!
デメリット
  • 年に10万円未満の利用だと年会費が1080円かかってしまう(約月8,000円の利用で翌年も無料!)
こんな人にオススメ!

デビットカードをメインの支払い方法として、どんどん利用する予定の方

 

▼世界170カ国以上の国と地域で利用できるVISAデビットカードはこちら

今話題を呼んでいる『デビットカード』。

三菱UFJ-VISAデビットや楽天カードなど大手銀行が参入して、普及率上昇に励んでいるカードですね。

通常のクレジットカードと同じようにVISA加盟店で利用することができ、支払いが口座直結なので使い過ぎの心配や信用情報がない人でも使用することが可能です。

VISAデビットカードの仕組み、基本スペックってどうなの?

 

VISAデビットカードは、VISA加盟店で支払手段として利用できるカードです。

VISAデビットカードの申込時に引落口座を指定し、利用の都度指定口座から利用代金が引き落とされる仕組みになっています。

クレジットカード同様に利用額に応じてポイントが付き、キャッシュバックなどを受けることが可能です。ただし、一般的にクレジットカードよりポイント還元率はよくありません。

しかし、何らかの理由でクレジットカードを利用できない人、例えば債務整理中で審査に通らない人やクレジット管理が怖くてできない人など、クレジットカード同様に買い物代金の決済ができる点がVISAデビットカードの大きなメリットです。

▼世界170カ国以上の国と地域で利用できるVISAデビットカードはこちら

デビットカードの普及率を国内と海外で比較調査!

▼国内

デビットカードの発行は金融機関が多いです。

キャッシュカードに付帯させることで手数料収入を期待していると思われますが、実際に利用している人は案外少ないようです。

そのため、普及率としては16%程度と案外高いように見えますが、利用率は6%と所有者の半分以下しか利用していないのが現実です。

ポイント還元率がクレジットカードより悪く、かつ後払いではないと言うデメリットが強調されがちな点も普及が遅れる原因となっています。

▼海外

これに対し、海外のデビットカード普及率は高いです。

海外では日本と違って小切手を使う文化があります。

そのため、小切手決済と感覚が似ているデビットカードに対する抵抗感が少ないようです。

当然、日本より普及率も利用率も高くなります。

もっとも、これは欧州やアメリカの話です。

欧州文化が持ち込まれたシンガポールや香港は別として、アジア圏では日本同様に不況率も利用率も低いようです。

▼世界170カ国以上の国と地域で利用できるVISAデビットカードはこちら

まとめ

世界的にデビットカードが存在していることは確かです。

しかし、実際に普及して利用されているかは別問題です。

支払手段は文化の問題でもあります。実際に利用する人が、子供のころから見慣れている支払手段は抵抗なく受け入れることができるはずです。

しかし、アジア圏では小切手文化がなく、クレジットカード決済も普及していなかったほどです。

クレジットカードが日本で市民権を得たのも、ポイントによるキャッシュバックによるメリットが強調されたためだと言われています。

デビットカードを普及させるためには、単に銀行がキャッシュカードに付帯させるだけではなく、もっと利用者に対してメリットを感じさせる何かが必要だと考えられます。

ただ、クレジットカードを持てないユーザー層にとって、クレカと同じように利用できる点では凄いメリットづくしですね!

 

 【発行数No.1】三菱UFJ-VISAデビット

三菱UFJ,VISA,デビットカードbottan01スマホbottan01PC

三菱UFJ-VISAデビットは、デビットカードユーザーの中でも最も人気のあるデビットカードとなっており、通常1080円(税込)かかる年会費も初年度年会費無料、次年度以降も10万円以上の利用(約月8,000円の利用)で年会費が無料になっています。また、15歳〜23歳(中学生は除く)までは年数に関わらず年会費が無料となっているのに、不正利用時の補償なども付いているため、海外留学などでも1枚持っておくと重宝するデビットカードです。

年会費 入出金手数料 振込手数料 ポイント還元率
 1080円 0円 0円  0.2%
還元方法 審査 海外利用手数料 ポイント貯蓄度
キャッシュバック  108円  

※利用ATMや利用時間・取引銀行などによっては手数料がかかる場合もあります。

メリット
  • 初年度年会費無料で持てる!
  • 月々0.2%〜0.5%のキャッシュバックサービスあり!
  • 不正利用時の保証付き!
デメリット
  • 年に10万円未満の利用だと年会費が1080円かかってしまう(約月8,000円の利用で翌年も無料!)
こんな人にオススメ!

デビットカードをメインの支払い方法として、どんどん利用する予定の方

 


この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


コメントを残す