【Vプリカ】LINEアプリでの使い方やスタンプ購入方法とは?

[最終更新日]2018/06/23

この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。

どうも、Credit Geeksです!今回はLINEアプリでのVプリカの使い方とスタンプの購入方法についてまとめました!

line
▶︎VプリカよりGAICAカードが便利でお得な理由はコチラ
Vプリカについては当サイトでも色々とまとめてきました。

パズドラでの課金アイテムの買い方だとか、App StoreGoogle PlayでVプリカを設定する方法など…

反響があるので、SNSアプリとしていま日本で最も使われていると言っても過言ではない超メジャーアプリ「LINE」でも、Vプリカが使えますよ!ということを、記事にしないわけにはいきません。

特にVプリカは未成年が親の目を気にせずにスマホの課金コンテンツを楽しむ方法として非常に便利です。

気に入ったLINEスタンプは購入して使いたくなるもの!

さっそくLINEでのVプリカの使い方を説明していきます!

VプリカはLINEアプリでこう使おう!

V-Preca

LINEにはいくつかの有料コンテンツが用意されていて、このコンテンツを利用するには有料のLINEコインが必要になります。

LINEアプリから利用できる有料のコンテンツとしては、

  • LINEスタンプ
  • 着せ替え
  • LINE Out

などがあります。

特に多くの人が一度は利用したことがあるのがLINEスタンプですよね。

スタンプは友達とのトークを時にかわいく、時に楽しく盛り上げてくれます。

また、あまり知られていませんがLINE OutはLINEから直接固定電話や携帯電話に発信できる通話サービス。

普通にスマホの電話回線を使うよりもお得に電話することができるんですよ。

VプリカでLINEコインを購入しよう

line coin

LINEコインの購入方法

LINEアプリを開いたら「その他(右下、⚪︎⚪︎⚪︎のアイコン)」から「設定」「コイン」と進みます。

保有コインが表示される画面に移動したら、右上の「チャージ」をタップ。

LINEコインはここから購入します。

iPhoneの場合

すでに他の取引でVプリカの情報をApple IDと紐付けていた場合、そのまま購入して大丈夫です。

はじめてVプリカを使う場合や、Vプリカのカード番号が変更になっている場合は、カード情報の登録が必要です。

次の手順でカード情報を登録しましょう。

  1. 一旦ホーム画面に戻ります。
  2. 「App Store」をタップ。
  3. トップ画面から下にスクロールして、「Apple ID」をタップ、「Apple IDを表示」を選択。
  4. Apple IDのログインパスワードを入力してログインします。
  5. 「お支払い情報」を選択。
  6. Vプリカのカード情報を入力します。カードの種類はVisaを選択、カード番号、セキュリティコード、有効期限はVプリカの画面に表示されている番号を入力。その他住所などの情報も正確に入力し、登録します。
  7. これでカード情報が登録されました!
  8. LINEアプリに戻って、コインを購入します。
Androidの場合

Androidの場合、LINEアプリを開いたままVプリカの情報を登録して支払い手続きが行えます。

  1. LINEアプリのコインチャージ画面から、購入したいコインの金額をタップします。
  2. 決済のポップアップが表示されます。購入するアイテムをタップして、決済方法を確認します。
  3. 「お支払いオプション」から「クレジットカードまたはデビットカードの追加」を選択します。
  4. Vプリカのカード情報を正確に入力します。
  5. 「保存」して、LINEコインを購入します。

VプリカでチャージしたLINEコインで、有料スタンプを購入しよう!

LINEコインが無事にチャージできたら、LINEアプリの各種有料コンテンツを利用できます!

ここでは一例として、有料のLINEスタンプを購入する手順を紹介しましょう。

  1. LINEアプリメニューの「その他」から「スタンプショップ」に進みます。
  2. お気に入りのスタンプを見つけます。
  3. 「購入する」をタップすれば、スタンプが購入できます。
  4. ダウンロードが終わったら、さっそく使ってみましょう!

VプリカよりGAICAがもっとお得で便利!

弊社でとりあげている通り、Vプリカはとても便利で使いやすくプリペイドカード業界でもトップクラスです。

しかし、

最近プリペイドカード業界で注目を浴びている『GAICA』というカードが急成長を遂げており、ユーザーの間で『便利でお得!』と話題になっています。

これまではライバル不在によりVプリカの独占市場でしたが、 新生銀行グループが発行する『GAICA』の参入によって立場が逆転傾向にあるのです。

GAICA
GAICA プリペイドカード
申し込みはコチラ

VプリカとGAICAのスペック比較

Vプリカ GAICA
年齢制限 18歳以上 満13歳以上
年会費 無料 無料
入会金 無料 無料
チャージ手数料 1回200円ほど 無料
海外現地ATM引き出し手数料 対応なし 為替手数料:4%
ATM手数料:200円/1回
審査不要 不要 不要
提出書類 なし 本人確認書類
発行期間 即日 1週間以内
実店舗利用 不可 可能
匿名 可能 不可

VプリカとGAICAの違いをメリット・デメリットで比較!

①GAICAは満13歳以上から入会可能で親バレを回避できる!
②チャージ手数料が発生しない!
③実店舗でも使える!
④海外ATMで現地通貨の引き出し可能!
⑤余ったチャージ金は口座へ自由に戻せる!

①GAICAは満13歳以上から入会可能で親バレを回避できる!

プレイペイドカードを利用する目的の1つとして、ゲームアプリ等の課金があります。

Vプリカは未成年の利用を禁止しているのに対し、GAICAは13歳以上から利用できるため『親にバレずにアプリ課金したい…!』という未成年の方でも利用が可能なのです。

②チャージ手数料が発生しない!

Vプリカは1回チャージする毎に200円ほどの手数料が発生します。

例えば1,000円分チャージしても、実際に使えるチャージ金額は800円になってしまうのです。

しかし、GAICAはチャージ手数料無料なので損せずに使い倒すことが可能です。

③実店舗でも使える!

Vプリカはインターネット上のVisa加盟店のみ利用ができるため、実物カードは存在せず実店舗での利用もできません。

しかし、GAICAなら国内外問わずインターネット・実店舗のVisa加盟店で利用可能なので使える幅が広くクレジットカードと同じ感覚で利用可能です。

④海外ATMで現地通貨の引き出し可能!

渡航先の空港や街中で行列に並び、言語もわからない不安の中で両替せずとも、GAICAカードがあれば海外現地ATMで現地の通貨を引き出しすることが可能です。

為替手数料はどの国でも一律4%となっています。

⑤余ったチャージ金は口座へ自由に戻せる!

余って使いきれなかったお金は、Vプリカの場合使い切るまたは捨てるしか選択肢がありません。

しかし、GAICAなら余ったチャージ金も口座に戻すことができるので損せずに使い倒すことができます。(海外の現地通貨も日本円で口座に戻せる)

こんな方にGAICAがオススメ!

  1. 親バレせずにアプリ課金したい!
  2. 手数料無料で損せずノーリスクで使いたい!
  3. 海外渡航先や実店舗でも利用したい!

今なら期間限定5,000円分のチャージ金をプレゼント中なので、キャンペーン期間中にお試しで申し込みしておきましょう!(50,000円チャージで5,000円分プレゼント)

GAICA
GAICA プリペイドカード
申し込みはコチラ

まとめ

Vプリカは身分証明書や審査が不要なので、未成年でも使いやすいプリペイドマネーです。

LINEは学生にも人気のアプリなので、使っている人も多いですよね。

スマホ料金と合わせて請求する方法もありますが、勝手にスタンプを買って親に怒られた…なんてことになる前に、Vプリカを試してみるのがいいのではないでしょうか!

【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す