【WEB申込みで最短当日受取り!】
acマスターカード,アコム

公式サイトはこちら

横浜銀行カードローンってどうなの?審査や返済方法、増額や口コミなど徹底調査!

[最終更新日]2018/07/02

この記事の編集者

竹澤こずえ
竹澤こずえ
編集者
観光関連企業の総務主任からライターに転身。ライター歴半年で記事構成力と編集力を買われ、ベンチャー企業の構成・編集担当に。秘書業務で培った「難しいことを簡単に、わかりやすくする」能力が自慢。

『横浜銀行カードローンって私に向いてるの?』とお悩みの方は必見!浜銀の特徴やメリット・デメリット、他社と比較して何がおすすめなのかを徹底解説しました。また審査や返済・借入から増額方法もご紹介。

横浜銀行カードローン
知名度の高い大手銀行の横浜銀行のカードローンなら安心して利用できそうだけど自分に申込資格があるのか不安…
審査は甘い?それとも厳しい?
利用できたものの、不自由なく便利に利用できるのかしら?
毎月どのくらいの金額を返済すればいいの?

など、横浜銀行カードローンについて分からないことがある、不安な点があるという方におすすめの記事です。
ぜひ、参考にしてみてください!

横浜銀行カードローンを検討する上で大切なポイントとは?

カードローン 利用 ポイント

カードローンを利用するのはお金が必要だからに決まっているじゃないか、とほとんどの人が答えると思います。
しかし、お金が必要だからとりあえずカードローンを利用するというのはあまり得策ではありません。

なぜなら借りたお金は必ず契約通り返済していかなくてはならないからです。

安易にお金を借りて返済に行き詰まってしまえば、社会的信用を失うだけではなく今後の人生が台無しになってしまうことにもなりかねません。

 なぜお金が必要なのか
 どのくらい借りたいのか
 毎月いくら返済していけるのか
 どのくらいの期間で返済できるのか

など、自分の希望と実際の返済能力の双方に沿う商品を選ぶことがカードローン選びでは非常に大切です。

これからご紹介する横浜銀行カードローンがそんなあなたの要望を満たしてくれる商品であるかどうか、しっかりチェックしていきましょう。

横浜銀行カードローンの商品概要

申込資格 契約時満20歳以上69歳以下の人

安定した収入のある方、およびその配偶者

パート・アルバイト、年金受給者可

学生は不可

次の地域に居住または勤務している人

神奈川県内全地域

東京都内全地域

群馬県前橋市、高崎市、桐生市

保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる人

借入限度額 10万円~1,000万円(10万円単位)
金利 1.9%~14.6%
毎月の定例返済日/締め日 毎月10日/毎月10日
口座開設
在籍確認の連絡 あり
審査時間 最短翌日
融資時間 最短翌日
担保・保証人 不要

すでに横浜銀行の普通預金口座を持っている人なら、融資までの時間を大幅に短縮できるWEB完結を利用して申し込めます。

自分にも申し込み資格があるのか不安だという人は、ホームページにある「お借り入れ3秒診断(お試し診断)」でチェックしてみましょう。

横浜銀行カードローンを取り扱っているのはどんな会社?

横浜銀行カードローンを取り扱っている横浜銀行は、神奈川県に本拠を置く日本最大クラスの地方銀行です。

長年、預金額・総資産額で地方銀行のトップの座を占め、地元では「はまぎん」の愛称で親しまれ絶大な支持を得ています。

多くの支店やATMを持ち、利便性が高さでも評判の大手銀行です。

横浜銀行カードローンはこんな方にオススメ!

 横浜銀行の営業区域内に住んでいる、または勤務している人
 横浜銀行の口座を持っている人
 融資を急いでいない人

横浜銀行カードローンは地域制限があります。

指定された区域内に住んでいるか勤務している人しか利用できません。

地域では絶大な信頼を誇る横浜銀行。店舗や利用できるATMもきめ細かく充実しており、横浜銀行の口座を持っている人なら大変便利に利用できます。

横浜銀行カードローンをオススメできない方

 即日融資を希望している人
 横浜銀行の口座を持っていない人

横浜銀行カードローンは即日融資には対応していません。
即日融資を希望する人は消費者金融を利用するのがいいかもしれません。

【注意】2018年1月以降の横浜銀行カードローンは大幅に商品性が変更!

銀行カードローンは2018年1月より即日融資停止となりました。

反社会勢力への融資防止の観点から、カードローンの審査は警察庁のデータベースへ照会を行い充分に審査時間をかけることが決定されたためです。

規制問題とその経緯

2010年の改正貸金業法完全施行以降、自己破産の申し立て件数は年々減少して多重債務問題は改善の兆しを見せていました。
ところが2016年、自己破産数は13年ぶりに増加へと転じます。

消費者金融にかわって、総量規制に縛られない銀行カードローンがカードローンの貸付高を伸ばしてきたことが原因とみた金融庁は銀行に対して審査の厳格化を要求しました。

そうしたこともあり2017年春、銀行カードローン業界においてメガバンク3行が自主規制の導入を発表し、それを受ける形で2017年秋には金融庁が銀行12行に対して立入検査を実施しています。

規制の内容について

これまでに決められたルールは、

 総量規制の自主的導入
 限度額が50万円超えなら収入証明書の提出必須
 今回の即日融資廃止

などです。

総量規制自主的に導入したことで事実上銀行の借り換えローンはなくなり、おまとめローンは専用商品のみとなりました。

これで銀行カードローンの多重債務問題に対する金融機関側の対応はとりあえず一段落したといえそうです。

横浜銀行カードローンの特徴と同業他社との違いを比較!

横浜銀行カードローンは他の商品と比べてどんな特徴や違いがあるでしょうか。

横浜銀行カードローンの特徴

 借入限度額が非常に大きい

 申し込み条件に地域制限がある

 横浜銀行の口座を持っていればとても便利に利用できる

 月々の返済が少額なので、ゆとりをもって返済できる

 専業主婦でも申し込みできる

横浜銀行カードローンの借入限度額は最大で1,000万円と、メガバンクのカードローンの限度額にも引けを取りません。

地域制限によって利用できる人が限定されるというデメリットはありますが、逆に申し込み可能地域に生活のベースがあり、横浜銀行に口座を持っていれば横浜銀行カードローンを非常に便利に利用できるメリットがあります。

また、2017年以降、銀行カードローンは様々な自主規制を導入しており、無職の専業主婦に対する貸し付けを制限する方向に動いていますが、横浜銀行カードローンは現在のところ専業主婦の借入も可能です。

横浜銀行カードローンと同業他社カードローンの違い

横浜銀行カードローン 三菱UFJ銀行

バンクイック

プロミス
借入限度額 10~1,000万円 10~500万円 1~800万円
実質年率(金利) 1.9%~14.6% 1.8%~14.6% 3.0%~18.0%
融資時間 最短翌日 最短翌日 最短30分
審査時間 最短翌日 最短翌日 最短1時間
土日祝日の融資※ 不可 不可
無利息期間 なし なし 30日間
契約機の営業時間 なし 平日9:00~20:00

土曜、祝日

10:00~18:00

日曜

10:00~17:00

8:00~22:00

年中無休

(年末年始を除く)

毎月の最低返済額 2,000円 1,000円 1,000円
最低借入可能額 1,000円 1,000円 1,000円
ATM利用手数料 横浜銀行ATM

借入

平日8:45~18:00

利用手数料無料

それ以外の時間帯は108円

返済

平日は終日利用手数料無料

土日祝日は利用不可

三菱UFJ銀行ATM

セブン銀行

ローソンATM

イーネットATM

利用手数料無料

アコムATM

利用手数料無料

セブン銀行

ローソンATM

イーネットATM

等提携ATM

利用手数料

108円~216円

WEB完結 あり あり あり
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス アコム なし

初回の融資について。それ以降はいずれのカードローンもATM等を利用して借入可能です。

横浜銀行カードローンを利用するメリット・デメリット

カードローン メリット デメリット

 メリット

 専業主婦や年金受給者でも申し込みできる
 小田急線全70駅に横浜銀行ATMがあり、利便性が非常に高い
 ネットバンキングに登録すればさらに便利に利用できる

横浜銀行の営業区域を生活の基盤としていて横浜銀行の口座を持っている人にとって、横浜銀行カードローン以外のカードローンを選択する余地がほとんどないほど便利に利用できるようになっています。

 デメリット

 地域制限がある
 即日融資ができない
 横浜銀行の口座が必要
 定例返済日が毎月10日、口座振替のみ

ただし、対象地域に住んでいない人にとってはむしろデメリットばかりが目に付いてしまうかもしれません
また、返済が毎月10日に口座引き落しのみという点は不便に感じる人が多いようです。給料日は月の後半、例えば25日や月末だというケースが多く、給料が入金された直後に引き落としされれば返済の負担をあまり感じずに済みますが、10日まで返済額を口座にプールしておかなければならないのは少し負担ですね。

横浜銀行カードローンを実際に利用した方の口コミ評判

可決
30代男性(正社員、勤続2年、税込440万円)

借入金額/借入希望金額 50万円/50万円
他社借入金額/他社借入件数 0円/0件
利用目的 引越しに伴う不動産屋への契約金と引越し代金
家族構成 独身
居住形態 賃貸
住宅ローン・自動車ローン なし
あっさり完了
スマホから簡単に申込み出来たのであまりにあっさり完了してしまって拍子抜けでした。
週末に申込みましたが、週明けの火曜日には電話で連絡をもらいました。
週末は営業外なのでそこを考慮すれば2営業日中に連絡をもらっています。

在籍確認の連絡もあったのか分からないまま審査が通った連絡をもらえたので、迅速で便利でした。

否決
30代男性(派遣社員、勤続1ヶ月、手取り280万円)

借入金額/借入希望金額 0円/10万円
他社借入金額/他社借入件数 110万円/3件
利用目的 生活費
家族構成 独身
居住形態 賃貸アパート
住宅ローン・自動車ローン なし
属性が悪かった…
審査結果の連絡は3日後、メールでありました。
他に借金があったこと、また属性が悪い(派遣社員で入社して間もない)から審査に落ちてしまったんだと思います。

横浜銀行カードローンの申込条件

 

 

横浜銀行カードローンにはどのような人が申し込みできるでしょうか。」

横浜銀行カードローンの申込資格

 満20歳~69歳
 安定した収入がある人、その配偶者
 次の地域に居住または勤務している
 神奈川県内全地域
 東京都内全地域
 群馬県前橋市、高崎市、桐生市
 保証会社の保証を受けられる人
 横浜銀行、SMBCコンシューマーファイナンスの個人情報の取り扱いに同意できる人

以上の条件をすべて満たす人なら横浜銀行カードローンに申し込み可能です。

こんな人は横浜銀行カードローンを利用できない

 20歳以下、または70歳以上の人
 学生
 横浜銀行の営業区域に居住、または勤務していない人
 過去に返済トラブルを起こしている人

パート・アルバイトなど年収が低い私でも申し込みできる?

横浜銀行カードローンの商品概要にはパートアルバイトの方も可」と明記されています。

確かに正社員で年収が多い方がカードローンの審査では有利になる場合もありますが、返済能力は年収の多さだけで決まるわけではありません。

専業主婦は申し込みOK?

配偶者安定した収入があれば、職業を持たない専業主婦でも横浜銀行カードローンに申し込み可能です。

専業主婦がカードローンの審査に申し込みをする場合には、必要書類として本人確認書類の他に配偶者の同意書や住民票などが必要になる場合もありますが、横浜銀行カードローンなら自分の本人確認書類を提出するだけでOKです。

申し込み〜審査、契約、借入までの流れ

WEB完結申込 通常WEB申込 電話申込 FAX申込 郵送申込
Web 上で契約 × × × ×
契約書を WEBからダウンロードしてFAX する ×
契約書を WEB からダウンロードして郵送する ×
自宅へ送られた契約書を FAX する ×
自宅へ送られた契約書を郵送する ×

横浜銀行カードローンの審査の流れは以下の通りです。
申込方法は、

 インターネットによる申込
 電話による申込
 FAXによる申込
 郵送による申込

の4種類があります。
テレビ窓口など自動契約機はありません。
このうちインターネットによる申込には、

 WEB完結
 通常のWEB申込

があります。

 こんな方におすすめ!
すでに横浜銀行に普通預金口座を持っている人ならWEB上ですべてが完結するWEB完結がおすすめです

また、電話による申込は申込受付時間が定められていますので注意してください。

各方法にて申し込み審査審査結果の連絡契約と進みますが、特徴的なのは

 電話で審査結果の連絡がある
 契約は基本的には契約書と必要書類を郵送する

という点です。

契約時間を短縮したいのであればWEBから契約書類ダウンロードして記入後、FAXに送信します。

1番スピーディーに借入できる方法・手順を横浜銀行カードローンに電話で聞いてみた!

WEB契約がおすすめです
横浜銀行に普通預金口座をお持ちの方ならWEB契約のご利用をおすすめします。申し込みからご契約までWEB上で行えますので時間を大幅に短縮できます。

横浜銀行カードローンの審査受付・営業時間について

横浜銀行カードローンの審査受付やその営業時間はどうなっているのでしょうか?

申込受付の営業時間

申込方法 受付時間
WEB 24時間365日
電話 平日:9:00~20:00

土日祝日:9:00~17:00

(12/31~1/3は休業)

FAX 24時間365日
郵送 随時

お問い合わせ窓口の営業時間

 横浜銀行カードローン受付センター

   電話番号:0120-458-014

   平日:9:00~20:00

   土日祝日:9:00~17:00

  (12/31~1/3は休業)

横浜銀行カードローンの審査について不明点がある場合は申込前、申込後に関わらず、上記まで問い合わせてください。

結果連絡がこないなど、現在の審査状況を知りたい場合もこちらまで。
ただし受付時間が定められていますので注意してください。

提携ATM一覧・利用時間・手数料

ATMの種類 利用可能時間帯 利用手数料
横浜銀行ATM 借入 8:45~18:00 無料
それ以外の時間帯 108円
返済 平日(終日) 無料
土日祝日(終日) 取り扱いなし
セブン銀行

ローソンATM

イーネットATM

借入 8:45~18:00 108円
それ以外の時間帯 216円
返済 平日(終日) 無料
土日祝日(終日) 取り扱いなし
イオン銀行ATM 借入 8:45~18:00 108円
8:00~8:45

18:00~21:00

216円
21:00~8:00 取り扱いなし
返済 取り扱いなし
その他提携ATM 各金融機関ホームページにて確認してください。

横浜銀行カードローンで行われる審査の流れ・内容

カードローン 審査 流れ

 

横浜銀行カードローンの審査は保証会社のSMBCコンシューマーファイナンスが行う!

横浜銀行カードローンの審査は保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが行います。
SMBCコンシューマーファイナンスは、三井住友フィナンシャルグループの一員で、消費者金融の「プロミス」を運営している会社です。

審査を行っているのが抜群の知名度を誇る大手消費者金融ですから、安心して申し込むことができますね。

審査の流れ

    申込

    審査

    職場への在籍確認

    審査結果の連絡

    必要書類の提出

    契約完了

1.申込

自分の状況に合わせた申し込み方法を選びましょう。

申込方法の種類

 WEB申込
 電話による申込
 FAXによる申込
 郵送による申込

があります。
横浜銀行に口座を持っていればWEB完結を利用できるので借り入れまでの時間が短縮できるのがメリットです。
今すぐ借入するわけではない、しっかり商品内容について尋ねたい、という人は電話申し込みなどその他の申し込み方法を選ぶのもよいでしょう。

申し込み可能時間

WEB、FAX、郵送はいつでも申し込み可能ですが、電話申込のみ受付時間が定められています。

受付時間は平日9:00~20:00、土日祝日9:00~17:00ですので注意してください。

申込時の主な入力項目一覧

 お客様情報について

 氏名
 生年月日
 性別
 運転免許証番号
 E メールアドレス

 年金について(受給者のみ回答)

 年収
 健康保険証の種類

 家族について

 家族構成

 自宅情報について

 住所
 居住形態
 家賃・住宅ローン返済額
 電話番号

 勤め先について

 勤務先
 勤務者(本人か配偶者か)
 所在地
 電話番号
 所属部課
 仕事の内容
 就業形態
 入社年月
 最終学校卒業年月
 年収
 給料日
 本社所在地
 事業内容(業種)
 社員数
 健康保険証の種類
 出向先会社名
 出向先電話番号

 借入について

 商品選択(横浜銀行カードローンか横浜銀行フリーローン)
 他社借入状況
 借入希望金額
 利用目的

 その他

 申し込み経緯
 希望する電話連絡先(自宅・勤務先・携帯電話)

 横浜銀行との取引について

 取引の有無(取引がある場合は回答)
 支店番号
 口座番号
 取引の種類
 口座振替取引の有無
 自動振込の有無

2.審査

カードローンの審査は

 仮審査
 本審査

の2段階に分けて行われます。

仮審査では申込者の属性をコンピューターに入力して返済能力を点数化する自動スコアリング審査を行います
全ての属性項目を点数化し、その合計が審査基準をクリアできれば本審査に進みます。

本審査では申込者が過去に返済トラブルを起こしていないかどうかを個人信用情報機関に照会をかけて調査しますが、過去に長期延滞など返済遅れのトラブルを起こしているとカードローンの審査に通過することはかなり困難です。

自分の収入ではカードローン審査に通過しないのではないかと心配をする人がいますが、収入の多さよりもむしろ個人信用情報事故情報ないことの方が審査では重視されます。

3.職場への在籍確認

無事に仮審査、本審査に通過すれば、審査の締めくくりとして職場への在籍確認が行われます。
横浜銀行カードローンの在籍確認では担当者が個人名で電話をかけてきます。

勤務先にカードローン会社から電話連絡が入るとなると、周囲にカードローンを利用することが知られてしまうのではないかと不安になりますが、その点は安心していて大丈夫です。
担当者もそうしたことは充分承知していますから、カードローン利用がばれてしまうようなことを話したりはしません。

申込者がその会社で確かに働いていることが確認できればそれで在籍確認は終了です。
時間にすればほんの1分程度で済むでしょう。

4.審査結果の連絡

横浜銀行カードローンの審査結果は電話での連絡のみとなっています。

 自宅
 勤務先
 携帯電話

のうちから希望する連絡先に電話連絡がありますので、申し込みをした後は結果連絡のタイミングを外さないように気をつけていましょう。

また、メールによる結果連絡には対応していませんので注意が必要です。

5.必要書類の提出

審査に通過すれば、契約書類とともに必要書類を郵送、またはFAXで提出します。

本人確認書類の提出

本人確認書類は全ての申込者が提出します。

氏名住所生年月日が記載されている次のいずれかの書類のコピーを準備しておきましょう。

 運転免許証
 健康保険証
 パスポート
 マイナンバーカード(個人番号カード)
 在留カード(永住権の記載があるもの)・特別永住者は特別永住者証明書

収入証明書

また、希望借入限度額が50万円を超える場合には、現在の収入が確認できる次のいずれかの書類のコピーが必要になります。

 源泉徴収票
 納税証明書
 確定申告書
 住民税決定通知書

6.契約完了

横浜銀行カードローンのローンカードが自宅に届いたらカードローンを利用できます。

急いでいる場合は、契約手続き終了後に返済用横浜銀行普通預金口座へ振込入金をしてもらうことも可能です。

横浜銀行カードローンの審査に落ちた人の特徴を知って事前に対策!

カードローン 審査 落ちる

 

 

横浜銀行カードローン必ず落ちてしまうのは過去5年以内返済トラブルを起こしている人です。

ただ、返済トラブルを起こした人は自分にその自覚があるのでカードローンの審査には通過できないことを理解しているケースが多いです。

問題は、他社からの借入額が多い人です。
明らかに借りすぎだと思われるのに、審査に落ちてしまう理由を収入が少ないからだと考える傾向にあるようです。

▶︎横浜銀行カードローンの審査に落ちる理由と対策はこちら

横浜銀行カードローンの使い方・借入方法

横浜銀行カードローンでのお金の借り方は以下の3種類です。

 横浜銀行ATM
 提携ATM
 はまぎんマイダイレクト(インターネットバンキング)

横浜銀行ATMは営業区域内に数多くありますが、特筆すべきは小田急線全70駅横浜銀行ATMが設置されていることでしょう。

平日は6:00~、土日祝日は7:00~、いずれも24:00まで営業していますので、最寄りの駅で手軽にキャッシングできます。

また、横浜銀行はセブン銀行ローソンイーネットイオン銀行などと提携しています。

旅行先でお金が必要になったとき、全国どこにいてもコンビニやスーパーでカードローンを利用できるのは非常に心強いですね。

さらに、インターネットバンキング「はまぎんマイダイレクト」に登録していれば、24時間365日利用手数料無料でキャッシング可能!

 コンビニ等ATMの利用手数料が月3回まで無料
 残高確認など契約内容の確認をいつでも行える

など便利に利用できるのも魅力です。

横浜銀行カードローンの返済方法について

定例返済日毎月10日、横浜銀行普通預金口座から自動引き落としされます。
繰り上げ返済はATMはまぎんマイダイレクトからでもできますが、借入では利用できたイオン銀行ATMは返済には対応していませんので気をつけてください。

また、ATMによる一括返済横浜銀行ATMはまぎんマイダイレクトからのみ可能です。

ただし1回の入金可能金額は100万円以下なので、それ以上の金額を返済する場合は複数回に分けて入金する必要があります。

横浜銀行カードローンの返済方式について

横浜銀行カードローンの返済方式は「残高スライドリボルビング方式」です。
毎月の約定返済日後の実際の借入残高が減っていくにつれて、返済額も小さくなっていく返済方式です。

月々の返済金額が少なくなれば確かに負担は小さくなりますが、返済期間が長引けばその分利息が大きくなってしまいます
返済総額を小さく抑えるには、積極的に繰り上げ返済を行いましょう。

横浜銀行カードローンの返済シミュレーション

例えば横浜銀行カードローンで10万円を金利14.6%で借り入れた場合、最低返済額の2,000円で返済を続けていくと返済し終わるまでに何と6年5ヶ月かかり、利息は54,952円にもなってしまいます。

このケースであれば定例返済日に引き落としされる返済額は2,000円ですが、毎月あと3,000円 をATMで繰り上げ返済していけば1年11ヶ月後には返済が終わり、利息は15,270円で済みます。

繰り上げ返済がいかに利息節約につながるか、実際にシミュレーションしてみましょう。

借入金額 毎月の返済額 返済期間 利息金額
10万円 2,000円 6年5ヶ月 54,952円
3,000円 3年7ヶ月 28,993円
5,000円 1年11ヶ月 15,270円
30万円 6,000円 6年6ヶ月 16万5,004円
8,000円 4年3ヶ月 10万3,025円
10,000円 3年2ヶ月 75,515円
50万円 10,000円 6年6ヶ月 27万5,050円
15,000円 3年7ヶ月 14万5,117円
20,000円 2年6ヶ月 99,732円
100万円 15,000円 11年6ヶ月 106万7,012円
20,000円 6年6ヶ月 55万160円
30,000円 3年7ヶ月 29万266円

※各借入金額に対する太字の返済額は横浜銀行カードローンの当初の最低返済金額

最低金額での返済は毎月の負担が小さい代わりに総返済額がかなり大きくなってしまいます。
ATMを利用すれば毎月の引き落とし以外にも返済できますので、お金にゆとりのある時はこまめに随時返済して利息負担をできるだけ抑えましょう。

横浜銀行カードローンの増額方法・審査について

横浜銀行カードローンの借入限度額の増額を希望する場合には、改めて増額審査に申し込みをする必要があります。
電話郵送FAXによる申し込みが可能です。

電話の場合は以下まで連絡をしてください。

 横浜銀行カードローン受付センター

0120-458-014

平日9:00~20:00、土日祝日9:00~17:00(12/31~1/3は休業)

郵送、FAXの場合は、店舗ATMコーナーに備え付けの申込書を利用して申し込みをしてください。

増額審査では、最初の審査の時と比較して「返済能力が高くなっている」ことが重要なポイントになります。
具体的には、

 収入が増えたか
 良好な利用実績を残しているか
 他社からの借り入れが増えていないか
 金融事故を起こしていないか

などです。

返済能力が低くなっているのに安易に増額審査に申し込みをしてしまうと、逆に減額されてしまう場合もありますので、自分の返済能力の状況を考慮して申込してください。

また、増額審査は1週間程度の時間がかかること、借入限度額が50万円を超える場合には収入証明書が必要になることなども覚えておきましょう。

横浜銀行カードローン契約完了後によくあるお悩み一覧

横浜銀行カードローンの契約までこぎつけたあとにも不明点はいろいろ出てくるものです。

会員サイトのログイン方法や利用方法

横浜銀行のインターネットバンキング「はまぎんマイダイレクト」に登録しておくと、

 24時間365日利用手数料無料で借入、返済ができる
 取引明細書の自宅送付をなくすことができる
 契約内容をいつでも確認できる
 住所変更などの手続きも可能

など、横浜銀行カードローンをより便利に利用できますよ。

はまぎんマイダイレクトはWEBで簡単に申し込みできます。
申込後1週間ほどで自宅に

 契約カード
 利用の手引き
 仮確認パスワード

などが届きますので、インターネットバンキングかモバイルバンキングで初回登録を行いましょう。

暗証番号・パスワードを忘れてしまった場合の対処方法

暗証番号やパスワードを忘れてしまった場合には以下まで問い合わせをしましょう。

店頭窓口でも相談できますが、状況によって必要書類が異なる場合がありますので以下のいずれかでの相談をおすすめします。

 電話で相談する場合

インターネットバンキング ヘルプデスク

0120-189-458

平日:9:00~21:00
土日:9:00~17:00

土日以外の祝日、12/31~1/3、5/3~5/5は利用できません。
また、平日の17:00~21:00は操作に関する問い合わせのみとなります。

 Eメールで相談する場合

問い合わせフォームからご相談ください
24時間受付しています。

横浜銀行カードローンカードの紛失・盗難に関する対処方法

ローンカードの紛失や盗難に気づいたらただちに届け出をしてください。

 自動機サービスセンター

0120-225-102  24時間受付
平日の9:00~17:00であれば取引店でも届け出を受け付けています。

横浜銀行カードローンの解約方法とデメリットについて

横浜銀行カードローンを解約するには借入残高をすべて返済し、契約者本人が以下の必要書類を持参して本支店窓口で手続きをします。

 身分証明書
 ローンカード
 横浜銀行の口座通帳
 印鑑

住宅ローンやマイカーローンなどを利用する予定があるときは、カードローンはできるだけ解約しておく方がいいのですが、いったん解約してしまうとこれまでの利用履歴白紙の状態になります。

したがって、再度横浜銀行カードローンを利用する際には、もう一度新規審査に申し込みしなければなりません。

横浜銀行カードローンに関するよくある質問

横浜銀行カードローンには自動融資機能はついていますか?
横浜銀行カードローンには自動融資機能はついていません。
紛らわしいですが、自動融資機能がついているのは「横浜銀行バンクカードローン」です。
お間違えのないよう注意してください。

まとめ

横浜銀行カードローンの審査や返済、増額や口コミまでをご紹介しました。
横浜銀行カードローンの利用を検討している人の手助けになれば幸いです。
メインバンクが横浜銀行である人にはより便利に利用できるカードローンであること請け合いですよ。

【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼注目のクレカ情報

2015-10-14_121852 ルミネカードがお得!
審査に落ちる3つの理由とは?
2015-10-14_122013 知られざる金融業界の裏側!
年収が高い企業別ランキングTOP3とは?
2015-10-14_122013 意外と知らない仕組み!
加盟店が支払う手数料の裏側とは?
2015-10-14_122013 どっちがお得?
交通系クレジットカードTOP3を徹底比較
世界中が驚愕!
年会費が世界一高いクレジットカードとは?
【大人気のTo Me CARD】
定期券購入移行時の4つの注意点とは?!
知らないと恥!
クレジットカード利用時のサインと暗証番号の違いとは?
【3分でマスター!】
クレジットカードIDの使い方を徹底解説!
2015-10-14_122013 【まだ助かる!】
クレジットカードの支払いができない時に試す3つの相談方法とは?
2015-10-14_122013 クレカの豆知識
支払いを1、2ヶ月遅延滞納した結果・・・

▼クレカ審査系ランキング

クレカ営業マンに学ぶ!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版
2015-10-14_122013 審査が早い!
即日発行カードランキング
2015-10-14_122013 学生向け!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版
2015-10-14_122013 主婦申し込みOK!
主婦向けクレジットカードランキング2017年版
自営業者OK!
審査基準と人気クレジットカードランキング2017年版

▼当サイトおすすめ記事

2015-10-14_121852 最強デビットカード!
おすすめ人気ランキング
お洒落過ぎる!
クレジットカードの人気ブランドケースTOP5
2015-10-14_122013 激レア話題殺到!
アニメコラボカードランキングTOP5
2015-10-14_122013 鉄壁のクレカ?!
紛失・盗難・悪用保証が強いカードランキング
2015-10-14_122013 富裕層向け!
ステータスカード人気ランキング2017年版
2015-10-14_122013 便利でお得!
アメリカで使えるクレジットカードランキング2017年版

コメントを残す