【注意!】スマホがICカード・磁気カードに与える影響と対策方法とは?

[最終更新日]2018/10/02

こんにちは、Credit Geeksです!カードが入れられるスマホケースを使っている方、多いですよね。今回はそんな方必見、スマホがカードに与えてしまう影響について調査しました。

スマホ クレカ

磁気不良防止ケースおすすめ人気ランキング

【最新】磁気不良防止ケース人気ランキング

1位磁気シールドカード3枚セット

磁気不良シールド

¥1,280

メリット
・1枚ずつ装着するので財布やカードケースにいつも通り収納するだけ!
・値段が安い割には長持ちする!
・磁気不良がなくなる!
デメリット
・特になし
2位スキミング防止カードケース
スキミング防止カードケース

¥2,000(59%OFF)▶︎¥1,380

メリット
・10枚入りで1,380円だからお得!
・磁気防止&スキミング防止のW機能
・10枚中2枚はパスポートも収納!
デメリット
・財布が若干嵩張る
3位CMG(コモグッド)カードケース革レザー磁気防止 大容量【20枚収納】
コモグッド

¥3,600(72%OFF)▶︎¥1,380

メリット
・カード専用入れで大容量20枚だからスッキリ整理!
・財布とカードを別々に持ち歩きたい方におすすめ!
・デザインがお洒落!
デメリット
・財布とは別で荷物が増える

カードが入れられるスマホケースは便利ですよね。

カードを使うときにもサッと取り出しやすいし、スマホと一緒にしておけば忘れ物防止にもなります。

よく使うお店のポイントカードやSuicaなどの交通系ICカード、楽天Edyなどを入れている方が多いでしょうか?

でも、実はスマホとカードを一緒にして持ち歩くのは、あまり相性がいい話ではないようなんです…

スマホとカードは一緒の持ち歩きNG!? カードに与える影響とは!

スマホが磁気カードに与える影響

裏返すと、黒い帯状の部分があるカードがありますよね。

この「黒い帯」が付いているのが磁気カードと呼ばれるもので、黒い帯の部分には磁気でカードの情報が記録されているんです。

最近は印刷技術が発達したので、黒い帯を隠せるタイプの磁気カードも登場していて、ちょっとややこしいです。

例えばローソンのPontaカードは、黒い帯がないタイプの磁気カードを採用しています。

磁気カードはその名の通り磁気によって情報を記録しています。

そのため、外部からの磁気にさらされると磁気の情報が狂ってしまい、読み込みエラーを引き起こすもとになってしまいます。

スマホには、本体を振動させる(バイブさせる)ための極小モーターが搭載されていますが、このモーターの中に磁石が使われています。

また、スピーカーにも磁石が使用されているといいます。

磁石のサイズも小さいものですが、長時間スマホとカードが密着していると、悪影響を与えてしまう可能性があります。

また、最近は手帳型で、カードを入れておける部分がついているスマホケースも多いですよね。

ケースを閉じるためにごく弱い小型の磁石を使用している場合がありますが、この磁石が悪さをしてしまうことも考えられます。

質問サイトにも、携帯電話が悪さをして磁気カードの読み込みエラーを引き起こしてしまったと思われる投稿が見受けられますから、思い当たる節がある方も多いのではないでしょうか?
(参考:教えて!goo「磁気カードの磁気が読み取れなくなる原因は?」)

スマホがICカードに与える影響

スマホは電磁波を発している機械です。

電磁波を浴びせ続けると、ICカードにも悪影響が出てしまうおそれがあります。

最近はICカードの普及が進みましたから、SuicaやPASMOといった交通系ICカードをはじめ、クレジットカードやキャッシュカードなど、さまざまなところでICカードが使われています。

特に交通系のICカードはスマホとセットにして持ち歩くケースが多いですよね。

スマホと一緒に持ち歩いたからといって、すぐに壊れる・確実に壊れるというものではありませんが、少なからずICカードをダメにしてしまうリスクがあるようです。

鉄壁!スマホからカードを守る対策とは

磁気カードは磁気を遮断できるカードケースで守る

磁気カードは磁石に弱いということを紹介しましたが、スマホ以外にも磁石を使っているものは多くあります。

スマホデジタルカメラはもちろん、カバンや財布の留め具にも磁石が使われていることがありますよね。

そのため、磁気カードはスマホから切り離したからといって安全というわけではなく、カードそのものを磁気から守ってあげるのが一番効果的です。

たとえば、磁気カードに直接貼り付けることで、外部の磁気から干渉を受けにくくするシートがあります。

▼楽天ショップで値段と性能を見てみる

財布などの中にしまってあるからと言って安心できないのが磁気カードです。

特に、磁気カードタイプのキャッシュカードは磁気が狂ってしまうとお金を引き出せなくなってしまうため、大きなトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

この機会に、磁気カードの保護を検討してみてはいかがでしょうか。

スマホとICカードを一緒に持ち歩くなら保護シートを活用

スマホケースによく使うカードが入れられるというメリットは非常に大きいので、一度カードを入れられるスマホケースを使ってしまうと「もう昔には戻れない…」と感じてしまいますよね。

そんな時は、保護シートを活用して大切なカードを保護してあげましょう。

保護シートをスマホとカードの間に挟むことによって、読み込みエラーや電磁波による干渉を防ぐことができるアイテムです。

もちろん保護シートそのものは十分に薄いので、シートを入れたからと言ってスマホがケースに入らなくなるようなことはありません。

Amazonで値段と性能を見てみる

【最新】磁気不良防止ケース人気ランキング

1位磁気シールドカード3枚セット

磁気不良シールド

¥1,280

メリット
・1枚ずつ装着するので財布やカードケースにいつも通り収納するだけ!
・値段が安い割には長持ちする!
・磁気不良がなくなる!
デメリット
・特になし
2位スキミング防止カードケース
スキミング防止カードケース

¥2,000(59%OFF)▶︎¥1,380

メリット
・10枚入りで1,380円だからお得!
・磁気防止&スキミング防止のW機能
・10枚中2枚はパスポートも収納!
デメリット
・財布が若干嵩張る
3位CMG(コモグッド)カードケース革レザー磁気防止 大容量【20枚収納】
コモグッド

¥3,600(72%OFF)▶︎¥1,380

メリット
・カード専用入れで大容量20枚だからスッキリ整理!
・財布とカードを別々に持ち歩きたい方におすすめ!
・デザインがお洒落!
デメリット
・財布とは別で荷物が増える

まとめ

いかがでしたか?

磁気カードもICカードも、スマホや身の回りの精密機器によってデータが狂ってしまう可能性がある、精密なものです。

スマホとカードを一緒に持ち歩けば便利なことは間違いありませんが、カードの不具合は突然起こるもの。

日頃から対策して、トラブルに巻きこまれないようにしましょう!



この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


コメントを残す