ショッピング好きなら見逃せない!エポスカードのメリットデメリット

[最終更新日]2020/02/26

ショッピング好きなら見逃せない!エポスカードのメリットデメリット
「マルイでよくショッピングするからエポスカードを作ろうか迷っている…」「エポスカードのメリットとデメリットってどんなものがあるの?」

マルイでお買い物したことがあれば一度は見かけたことがあるだろうエポスカード
実は、マルイでお買い物する方にとっては一番お得になるため見逃せないクレジットカードなんです!

なぜなら、マルイでは年に4回エポスカード会員限定の10%オフキャンペーンを開催しています。
また、エポスカードをマルイで利用するとポイント還元率が通常の2倍になります。
さらに、新規入会で今日からマルイで使える2,000円クーポンも手に入るんです!

ここでは、年会費無料で持てるエポスカードのメリットとデメリットに加えて、マルイ以外でもお得になるエポスカードの特徴をお伝えします!

読み終えていただければ、きっとあなたもエポスカードを作りたくなるはずですよ!エポスカードを作ろうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

エポスカード

エポスカード
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
無料
無料
0.5%
最短即日
  • 最短即日発行が可能
  • 年会費、入会費永年無料
  • 海外旅行保険が自動付帯

エポスカードは年会費も入会費も無料なのにメリットがたくさん!

エポスカードは年会費も入会費も無料なのにメリットがたくさん!
「よくショッピングに行くとエポスカードの案内をしているのを見かける!」「作るならお得なクレジットカードを作りたい!」
エポスカードは、マルイでお買い物をする場合、一番お得にお買い物できるクレジットカードです。
申し込み条件も難しくないので、比較的審査に通りやすいクレジットカードなのではじめて持つクレジットカードとしてもおすすめです。
「そもそもクレジットカードの仕組みがよくわからない…」という方は、こちらの記事でわかりやすく説明しているので、参考にしてくださいね。

クレジットカードの仕組み、カード会社や国際ブランドとの関係を解説!安全な使い方も
2019.05.29

クレジットカードは、1枚あると便利に支払いができるので、社会人になる時には作っておきたい、という声も聞かれます。
エポスカードは、年会費も入会費も無料でありながら、メリットがたくさんあります。
ここでは、特にマルイでの利用でお得なエポスカードの特徴を紹介していきます。
エポスカードへの申し込みを考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

①マルイでお買い物するなら見逃せない!10%オフキャンペーン

エポスカードは、マルイでのお買い物がお得になります
特に、年4回開催されるカード会員限定の10%オフキャンペーンは見逃せません。

このキャンペーンは「マルコとマルオの7日間」というものです。
CMや店頭などで名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
キャンペーン期間中は、マルイのほとんどすべての商品を10%オフの価格で購入できます。
これはマルイの実店舗だけでなく、マルイネット通販でも割引が適用されます。
「マルイに入っているブランドが好きだけど、新商品はセールになってないから購入を迷うな…」と考えている方は、同キャンペーン期間のお買い物こそ新しい商品をいち早くお得に購入できるチャンスです!

マルコとマルオの7日間は、春夏秋冬の各シーズン1回ずつ行われます。
おおむね3月下旬、5月下旬、9月下旬、11月下旬に開催されます。

★ここ数年の「マルコとマルオの7日間」開催日
2019年 3月21日~27日 5月24日~30日 9月19日~25日 11月22日~28日
2018年 3月23日~29日 5月24日~30日 9月21日~27日 11月23日~29日
2017年 3月24日~30日 5月24日~30日 9月22日~28日 11月23日~29日

このキャンペーン期間中は、店頭でのカード申し込みも増えて待ち時間が長くなると予想されます。
webサイト上からの申し込みの利用や、申し込む時期をずらすなどした方が待ち時間を削減できますよ!

②マルイでの利用でポイント還元率が通常の2倍になる

エポスカードをマルイで利用すると、ポイント還元率が通常の2倍になります。

エポスカードのポイント還元率は通常0.5%で、200円で1ポイントもらえます。
しかし、マルイでのお買い物でエポスカードを利用すると、いつでも2倍の1%のポイントがもらえます!

貯まったポイントは1ポイント=1円として、利用することができます。
その他、VISAのプリペイドカードにチャージしたり、商品券やギフト券に交換することができます。

マルイのショッピングでポイントを利用する場合は、特にポイント移行作業は必要ありません
支払いの際に、エポスポイントを利用する旨を伝えてください。
端数などを支払う際にも便利ですよ。

商品券やギフト券に交換する際には、会員サイトのエポスnetマイページにログインをして、ポイント交換申請を行ってください。
貯まったエポスポイントを商品券やギフト券に交換するときに交換手数料がかからないので、非常にお得です。
交換できる商品券・ギフト券には、マルイの商品券のほか全国共通商品券、Amazonギフト券やスターバックスカードがあります。
ポイント交換申請から手元に届くまでは1週間程度かかることには気をつけてくださいね。

また、エポスポイントをネットショッピングでお得に貯めるのであれば、「たまるマーケット」の利用がおすすめです。

「たまるマーケット」は、エポスカードのポイントアップサイトです。
たまるマーケットを経由してネットショッピングをすることで、2倍から30倍のエポスポイントを獲得できます。
経由することでポイントを貯められるネットショッピングサイトは、Amazonや楽天、エクスペディアなどなんと400以上にもなります。

たまるマーケットを経由した時のポイント例

Amazon..2倍~6倍(商品による)
楽天…2倍
ドミノ・ピザ…5倍

マルイ以外での利用でも非常にお得にポイントがためられる点は、近くにマルイ店舗がないという方も見逃せないですね!

<楽天EdyやモバイルSuicaなどへのチャージでもポイントが貯まる>

エポスカードから楽天EdyやモバイルSuicaなどへのチャージをすることでも、エポスポイントを貯められます。
こうした電子マネー機能がついたクレジットカードは近年増えています。

エポスカードで利用できる電子マネーは、楽天EdyやモバイルSuicaのほか、エポスvisaプリペイドカード、スターバックスカード、au walletプリペイドカードの5種類です。
さらに、スマホ決済の支払いカードとしてもエポスカードは登録できます。

こうした電子マネーへのチャージで、チャージ金額の0.5%のエポスポイントが貯められます。
また、楽天Edyにチャージした電子マネーを利用した場合でもポイントが付きます。
チャージした時と、電子マネーで支払った際の2回ポイントが加算される点は非常にお得ですね!

電子マネー機能があることで、ポイントを貯められる機会が多いことも、エポスカードのメリットの一つです。

③即日発行も可能!今日から使える2,000円クーポン付き!

エポスカードは、即日発行も可能です!
しかも、発行当日から使える2,000円分のポイントまたはクーポンがもらえます!

エポスカードを即日発行するのであれば、webサイト上からの申し込み後、エポスカードカウンターに受け取りに行く方法が最短です。
店頭申し込みをしてそのまま受け取ることもできますが、webサイト上で申し込みする方が待ち時間が少なくなります。

エポスカード即日発行の申し込みの流れ

webサイト上から申し込み
カード受取方法:店舗受取を選択
受け取り場所を選択
早ければ数分後に「エポスカードお申し込みについてのお知らせ」というメールが届く
エポスカードセンターでカード受け取り
受け取り時に必要なもの

  • 引き落とし口座番号がわかるもの(キャッシュカード、通帳など)
  • 引き落とし口座の届け印(必要な方)

webサイト上の申し込みフォームへの入力は、5分程度しかかかりません。
店頭で申し込みした場合は、最短30分で受け取り可能です。

ただし、エポスカードを即日発行し店頭受け取りする場合は、マルイの営業時間内での対応になるため注意しましょう。
マルイの営業時間はおおよそ21:00までです。
店頭申し込みしてから受け取りまで最短30分かかることから、遅くとも20:30までに申し込みしましょう。
また、店舗や曜日によって営業時間が異なるため、受け取り希望の店舗が何時まで営業しているのかは、マルイの各店舗HPなどで確認しておきましょう。

また、クレジットカードを受け取ったその日から使える2,000円相当のエポスポイントがもらえます!
はじめて入会した方のみ限定のプレゼントポイントなので、見逃せないですね!
セール品でも2,000円分お得に購入できるので、特にお得です。

エポスカードへの新規入会で、誰でも2,000円分お得になりますが、入会方法によって使える場所が異なるため注意が必要です。
webサイト上から入会した場合は、2,000円分のエポスポイントがもらえます。
エポスポイントの使い道はさまざまなので、ネットショッピングなどでも使うことができますよ!
マルイ店舗での申し込み、またはwebサイト上から入会してマルイ店舗でカードを受け取った場合は、マルイ店舗で使える2,000円分のクーポンがもらえます。

④配送料がいつでも無料!店舗受け取りならさらに100ポイントもらえる

エポスカード会員は、マルイのネット通販サイト「マルイ ウェブチャネル」でのお買い物をマルイ店舗受取すると、配送料が無料になるだけでなく、エポスポイント100ポイントが毎回獲得できます。
ネット通販で購入したものを店舗に取りに行くと、100円お得になるなんて嬉しいですよね!
100ポイントを自力で貯める場合、マルイでのお買い物では10,000円、マルイ以外のお買い物では20,000円利用する必要がありますから、とってもポイントが貯めやすくなっています。

ネット通販で気になるところは、配送料ではないでしょうか。
エポスカード会員ならいつでもマルイウェブチャネルの全商品が配送料無料です。
マルコとマルオの7日間キャンペーン開催時でも、セール品でも、配送料が無料になっています。
商品は7日間店舗で保管されるため、都合の良いときに店舗に取りに行きましょう。

マルイweb channelでのお買い物を配送料無料、店舗受け取りで利用する場合は、購入手続き画面にて「マルイ店舗でお受け取り」を選択するだけです。
合わせて、受け取り希望店舗も指定しましょう。

マルイの実店舗でのお買い物だけでなく、オンラインショッピングでも、エポスカード会員であれば非常にお得に利用ができます。
こうしたメリットをうまく使って、マルイでのお買い物をさらにお得にしていきましょう!

エポスカードのデメリットとは?

エポスカードのデメリットとは?
エポスカードはマルイで利用すると、特にお得になるクレジットカードです。
マルイ以外での利用でもお得になりますが、ちょっと不便さを感じる人もいるかもしれません。
特に、クレジットカードを食品や日用品などに使いたい人にはあまり向いていないかも。
ここでは、そうしたエポスカードのデメリットを紹介します。
エポスカードを作成してから、「そんなつもりじゃなかった!」とならないように、どんなデメリットがあるのかここを読んで把握しておきましょう。

①マルイ以外の利用でのポイント還元率は物足りないかも…

エポスカードをマルイ以外で利用する場合は、ポイント還元率に物足りなさを感じるかもしれません。
なぜなら、エポスカードのポイント還元率は、マルイ以外だと通常の0.5%になってしまうためです。

たとえば、同じ10,000円をエポスカードで支払った場合、マルイで利用すると100円分のポイントを受け取れますが、マルイ以外では50円分しかポイントがもらえません。
そのため、「普段使っているスーパーでもお得に買い物したい!」と考えるのであれば、基本ポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードを選んだほうがお得になるでしょう。
例を挙げると、楽天カードは年会費入会費が無料でポイント還元率が1.0%以上です。

しかし、エポスカードはたまるマーケットの利用でポイント還元率の物足りなさを払拭することができます
たまるマーケットを通してオンラインショッピングをすれば、マルイ以外の利用でもざくざくポイントを貯めることができます。
たとえば、イトーヨーカドーネットスーパーをたまるマーケットを経由して利用すると、ポイント還元率は6倍=3.0%のポイント還元率となり、非常にお得です。

マルイ以外の実店舗でのお買い物は、ポイント還元率に物足りなさを感じるかもしれませんが、オンラインショッピングの利用でポイントはさらに貯めることができます!

②国際ブランドがVISAに限定されている

エポスカードの国際ブランドは、VISAに限定されてしまっています。
JCBやMaster Cardなどのその他の国際ブランドは選べないため、注意しましょう。

国際ブランドは、クレジットカードを使う上で非常に大事なものです。
クレジットカードにはそれぞれ発行の大元となるブランドがあり、ブランドごとに決済できるお店が違います。
VISAのクレジットカードであれば、VISA加盟店でなければそのクレジットカードを使うことはできません。
同様にJCBカードは、JCBのお店でのみ決済が可能です。

エポスカードは、VISAカードのみの取り扱いとなっています。
VISAは、世界で一番クレジットカード取引が行われている国際ブランドです。
そのため、海外旅行に行く機会がある方には一番におすすめな国際ブランドです。

では、日本国内ではどうでしょうか。
イプソスが2017年に発表したクレジットカード利用実態調査によれば、日本国内のクレジットカードの国際ブランドの利用比率は、VISAが1位です。
次いでJCBとなっています。

もしかしたら、お近くのお店ではJCBしか使えないなんてこともあるかもしれません。
マルイ以外でも利用する機会がある方は、そのお店がVISAのクレジットカードで決済できるのかどうか確認しておいた方がよいでしょう。

エポスカードはマルイの利用以外でもお得な特典がある

エポスカードはマルイの利用以外でもお得な特典がある
マルイでお買い物をする場合、エポスカードを使うと最もお得にお買い物できます。
しかし、エポスカードを活かせる場面は、マルイでのお買い物以外でもたくさんあります!
ここでは、エポスカードのマルイ以外で使えるお得な特典を紹介します!
あなたもきっとびっくりするような特典がエポスカードにはついていますので、ぜひ目を通して見てくださいね。

①無料で自動付帯の海外旅行保険がついている!

エポスカードは年会費も入会費も無料で、自動付帯の海外旅行保険がついています!

海外旅行保険は、万が一旅行先で病気になったときや物を壊してしまったときに、非常に心強い味方になってくれます。
海外では保険に入っていない場合、莫大な治療費を請求されることも考えられます。
「現地の水が合わずお腹を壊して入院したら、数百万円かかると言われた!」「たくさん写真を撮ろうと思って持って行ったカメラを落として壊してしまった!」なんてトラブルがないとは言い切れません。
旅行を最初から最後まで楽しい思い出とするためにも、保険はつけておきたいですよね。
エポスカードなら、そんな備えが無料でできてしまうんです!

クレジットカードは、海外旅行保険がついている物が多いですが、エポスカードは自動付帯である点が特に注目です。
クレジットカードの保険には、自動付帯と利用付帯の2タイプに分けられます。
自動付帯は、対象のクレジットカードを持っているだけで保険が適用されるものです。
それに対して、利用付帯旅行代金などを対象のクレジットカードで払っている場合のみ保険が適用されます。
そのため、旅行先でクレジットカードを利用したとしても、旅行代金を振り込みで支払いした場合などは保険が適用されなくなってしまいます。

エポスカードの海外旅行保険は、自動付帯ですので、旅行に持っていくだけで保険が適用されます!
同じく年会費や入会費が無料の楽天カードでは、海外旅行保険は利用付帯となっています。
海外旅行保険という点では、エポスカードの方が利便性が高いと言えますね!

気になる補償内容も充実しています。

★エポスカードの海外旅行保険補償内容
保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

ただし、保険適用となるのは、エポスカード会員本人のみとなります。
ご家族の方は対象外ですので注意しましょう。

②全国約10,000のお店や施設を優待価格で利用できる

エポスカードには、全国約10,000のお店や施設を優待価格で利用できる特典がついています。
優待価格で利用できるお店は、飲食店や遊園地、温泉など多岐に渡ります。

対象のお店でエポスカードで決済すると、利用代金が割引になるなどの優待を受けられます。
他にも、居酒屋チェーン店では最大30倍のエポスポイントがもらえるなどの特典もあります。
たとえば、池袋HUMAXシネマズでは、映画一般鑑賞料金が1,300円になるといった特典がついています。
こうしたお出かけ先でもお得になる機会がたくさんありますので、積極的に利用していきたいですね!

③はじめてキャッシングを利用する人は30日間金利無料!

エポスカードでは、はじめてキャッシングを利用する人は、30日間金利が無料です。

キャッシングとは、クレジットカードを利用して現金を借りることです。
結婚式のお祝儀を包んだりする際に、どうしても現金が必要になるときには便利です。
しかし、引き出した現金は借金になるため、利息をつけて返済する必要があります。

利息は、どのクレジットカード会社もおおよそ年利15.0~18.0%に設定しています。
ちょっとイメージしづらいかもしれないので、例をあげますね。
たとえば10万円をキャッシングで引き出したとしましょう。
1か月後にこの10万円を一括で返済するとしても、年利15.0%で借りていたら1250円の利息をつけて返済しなくてはいけません。
1,250円だとランチ1回分くらいですが、金欠の際には厳しいと感じる値段ですよね。

エポスカードは、はじめてキャッシングを利用する場合は、利用日の翌日から30日間は利息が無料です。
つまり、10万円借りたとしたら、そのまま10万円を返済すれば完済になるためシンプルです。
しかも、日本国内でのキャッシングだけでなく、海外キャッシングをした場合も対象です。
海外旅行先では、空港などで両替するよりもクレジットカードのキャッシングを使って旅行先で現地通貨を引き出した方が、結果的に出費が抑えられる場合があります。

エポスカードでキャッシングを利用した後は、引き落とし日が来るよりも前に早めに返済を行いましょう。
早めの返済を行うことで、「気づかないうちに30日間の無料利息期間が過ぎていた!」というようなケースを防ぐことができます。
早めの返済は、銀行やコンビニのATMから行うことが可能です。

現金がどうしても必要な状況を少ない負担で切り抜けられる点も、エポスカードの大きなメリットです。

もしも一括払いでなくリボ払いにした場合は、残高がなくなるまで利息がかかりますから、その分何度も利息を支払う点には注意しましょう。

④インビテーションが届いたら無料でゴールドカードが持てる!

エポスカードの利用を続けているとインビテーションが届くことがあります。
これが届くと、無料でゴールドカードを持つことができるようになります。

一般的にはゴールドカードは年会費を支払う必要があるので、無料でゴールドカード持つことができるとしたら非常にお得ですよね!
エポスカードゴールドカードは、一般的なエポスカードに加えてさらに便利になります。

エポスカードゴールドカードのメリット

  • ポイントの有効期限がなくなる
  • 空港ラウンジを利用できる
  • 海外旅行先でカードを紛失しても無料で緊急カードを発行できる

エポスカードゴールドカードは、ポイントの有効期限がありません
通常のエポスカードでは、エポスポイントの有効期限は2年間なので、「頑張ってポイントを貯めていたけれども、有効期限が過ぎてしまいポイントを使いきれなかった!」なんてことになったらショックですよね。
しかし、エポスゴールドカードにしておくことで、有効期限を気にせずじっくりポイントを貯めることができます。
なので、「頑張ってポイントを貯めて、ポイント利用だけでコートを買う!」といったような目標を立てて楽しんでポイントを貯めていくこともできますよ。

エポスカードのラウンジは、成田空港や羽田空港をはじめとした主要空港にあります。
各空港ラウンジごとに設備は違いますが、ゆったりと座ってドリンクを楽しむことができます。
また、シャワーを浴びてリフレッシュすることもできますよ。
さらに、空港ならではの特典として、荷物の宅配やWi-Fiのレンタル料金が割引になる特典もあります。

海外旅行先で、クレジットカードを失くしてしまうなんてこともあるかもしれません。
このような事態では、旅行中のみ使える緊急カードを発行しています。
通常10,000円の緊急カード発行手数料がかかりますが、ゴールドカード会員は無料で発行できます。

このように、エポスカードのゴールドカードは、通常カードをさらにパワーアップさせた特典がついています。
年会費無料でこの特典を利用できたら、とってもお得ですよね。

エポスカードを無料でゴールドカードにするには、インビテーションが必要です。
エポスカードを継続的に使い続けていると、カード切り替えなどのタイミングでインビテーションが届くことがあります。
インビテーションは、エポスカード側が利用者を優良顧客でありさらに優遇したいという気持ちの表れであるとも受け取れます。
そのため、通常の申し込み方法よりも、インビテーションを受け取ってゴールドカードに申し込んだ方が審査通過の可能性が高くなります。

エポスカードのインビテーションが届く条件は、公開されていません。
しかし、「エポスカードを1年以上しっかり利用する」「年間50万円以上利用する」といった使い方をすることで、インビテーションが届きやすくなると考えられます。

エポスカードを1年以上利用することで、だいたいどのような事にどれくらい出費をしているのかがわかります。
年間を通してしっかり使っていることが確認できれば、エポスカード側も「これからもこの利用者にもっとカードを利用してもらいたい」と考えるはずです。
もちろん支払いの延滞などは厳禁です。

また、「年間50万円以上利用する」という条件は、エポスカードのゴールドカードの次年度年会費が無料になる条件でもあります。
そのため、継続的にエポスカードで50万円以上を決済する顧客をエポスカード側は求めていると読み取ることができます。
1ヶ月に5万円を利用すると、1年で60万円になるため、あまり難しい条件ではありません。
無料でエポスカードのゴールドカードを持ちたいと考えている方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

エポスカードを申し込むときの注意点

エポスカードを申し込むときの注意点
エポスカードは、年会費無料即日発行が可能など、発行に関しても非常に便利な点が多いです。
また、カード会員のグループ会社のサービス利用で収益を上げることを利益の柱としている流通系クレジットカードである点は審査通過の可能性が高い特徴です。
また、申し込み条件が「高校生を除く18歳以上」になっていてクレジットカードを発行する法的最低限度となっている点からも、審査通過はあまり難しいものではないと考えられます。
初めてクレジットカードに申し込む方も安心ですね。
しかし、クレジットカードを申し込む上では、いくつかのコツがあります。
ここでは、エポスカードを申し込むときの注意点を紹介していきます。
カード申し込み前の最終確認として、ぜひ読んでみてくださいね!

①即日発行するならwebサイト上からの申し込み後店舗受け取りが最速

エポスカードを即日発行するなら、webサイト上からの申し込みをした後に店舗で受け取りするのが最速です。
エポスカードを店頭申し込みの場合、審査中は店内で待機している必要があります。
そのため、時間をより有効に使うためにも、webサイト上からの申し込みをおすすめします。

エポスカードの申し込みから受け取りまでの最短の流れ

webサイト上から申し込み
審査通過
店頭受け取り

エポスカードの「即日発行できる」、「自動付帯の海外旅行保険がついている」といった特徴は、無料で所有できるクレジットカードとしては非常に高性能であるといえます。

webからの申し込みは、パソコンやスマホからできます。
運転免許証をスマホで撮影すると、自動的に名前や生年月日などを入力してくれるので、申し込みにかかる時間は5分程度です。
申し込み後、早ければ数分でエポスカードから審査結果を知らせるメールが届きます。

審査の際には、在籍確認をされる可能性があります。
在籍確認とは、主に申し込み者の勤務先に電話をかけることで、申し込み者の勤務状況を確認するものです。
エポスカードでは、電話による在籍確認が行われることもあります。
これは、社会人になってから初めてクレジットカードを作る人や、転職などで勤務先が変わってからはじめてクレジットカードを作る人などが該当すると考えられます。
しかし、申し込み後数分で審査が結果が出ることもありますから、その数分の間に電話で在籍確認が行われたとは考えにくいです。
そのため、中には電話での在籍確認がされずに審査通過となる方もいると思われます。
審査基準は公開されていませんが、就職したばかりの人などは在籍確認の電話がかかってくると考えた方がよさそうです。

②キャッシング枠はなしの方が審査に通りやすい

クレジットカードを作る際には、キャッシング枠はなしにして申し込む方が審査に通りやすいです。
なぜなら、キャッシング枠を申し込むと審査の対象となる項目が増えるためです。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠というお金の使い道があります。
ショッピング枠では、クレジットカードを提示することでお買い物ができます。
キャッシング枠では、クレジットカードをキャッシュカードのように使って、ATMなどから現金を引き出すことができます。
これは、カードローンとまったく同じ仕組みであり、借金です。

キャッシングを利用する場合は、総量規制という法律に抵触していないかどうかが確認されます。
総量規制では、個人が借りることのできる金額は、その利用者の年収の3分の1までと決められています。
もしキャッシングを利用しないと表明すれば、キャッシングに関わる審査項目はスキップできます。
このため、審査にかかる時間も短くなり、審査に通りやすくなると考えられます。

どうしてもキャッシング枠をつけておきたい、という場合は必要最低限の金額で申し込みをすることをおすすめします。

③もし審査落ちしてしまったら再申し込みは6か月後

もし審査落ちしてしまったら、再申し込みは6か月以上経ってから行いましょう。

クレジットカードを申し込んだという記録は、信用情報機関に記録されます。
審査申し込み記録は、6か月保管されます。
したがって、6か月以内に再度クレジットカードに申し込みをすると、審査落ちしたという記録がカード会社に確認できるようになってしまっています。
信用情報機関に保管されている記録は、全クレジットカード会社が確認できるようになっています。
もし他社のクレジットカードの申し込みであっても、エポスカード側が審査落ちしたことを確認できるという仕組みになっているので、注意しましょう。

審査に落ちたということは、なんらかの信用に欠ける情報があったのかなと考えられます。
クレジットカードは信用によって発行されるものなので、信用情報は非常に重要です。
また、信用能力は急には上がるものではありません。
最低限半年の間は、信用能力の向上に努めて行動しましょう。
きっと次の審査では審査通過できますよ!

まとめ

  1. エポスカードをマルイで使うときに受けられるメリット
    • 年に4回エポスカード会員限定の10%オフキャンペーンを利用できる
    • ポイント還元率が通常時の2倍
    • 即日発行できて、2,000円分のクーポンももらえる
    • マルイwebサイトでの配送料がいつでも無料
  2. エポスカードのマルイでの利用以外でのメリット
    • 無料で自動付帯の海外旅行傷害保険付き
    • エポスカード会員限定価格でお店や施設を利用できる
    • はじめてのキャッシング利用は30日間金利無料
    • インビテーションがあれば無料でゴールドカード発行可能
  3. エポスカードのデメリット
    • マルイ以外のポイント還元率が物足りない
    • 国際ブランドがVISA限定
  4. エポスカードを申し込むときの注意点
    • 即日発行するならweb申し込み後店舗受け取りが最速
    • キャッシング枠はなしにして申し込む
    • 審査落ちしたら再申し込みは6か月後

エポスカードは、マルイでの利用はもちろん、マルイ以外の利用でもたくさんのメリットがあります。
マルイのオンラインショッピングでのお買い物でも受けられる特典もありますので、お近くにマルイの店舗がないという場合でもおすすめです。
また、審査難易度が難しくないことも、はじめてクレジットカードを作るという方にもおすすめできる一枚です。
ただし、ポイント還元率や国際ブランドを気にする方には少し物足りなさを感じる点もあるでしょう。
エポスカードに魅力を感じたら、あとは申し込むだけです!
この記事を参考に、ぜひ明日からお得なエポスカードライフを送ってくださいね。

エポスカードの基本情報

カード名 エポスカード
申込み資格 日本国内在住の18歳以上(高校生を除く)
提携カード VISA
利用可能額
審査時間 最短30分
発行時間 最短30分
入会金 無料
年会費 無料
支払い方式 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
分割払い(年率) 15.00%
リボ払い(年率) 15.00%
キャッシング(年率) 18.00%
遅延損害金(年率) 20.00%
担保 不要
保証人 不要
必要書類 運転免許証・パスポートなど写真付きの公的証明書
金融機関名 株式会社エポスカード
住所・所在地 〒164-8701 東京都中野区中野4丁目3番2号
電話番号 03-4574-0101(代表)
貸金業登録番号 貸金業者登録番号 関東財務局長(5)第01386号
新規お申込はこちら  >>> https://creditcard-geeks.com/link/rc_epos

エポスカード

エポスカード
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
無料
無料
0.5%
最短即日
  • 最短即日発行が可能
  • 年会費、入会費永年無料
  • 海外旅行保険が自動付帯


この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。
                     

コメントを残す