住宅ローンを滞納するとどうなる?支払えない時の正しい対策方法とは

[最終更新日]2018/08/23

この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。

こんにちは!ライターのmiyamotoです!住宅ローンは、大切なマイホームを購入するために組むローンですが、その支払いに苦しんでしまう人も多いものです。住宅ローンを支払えなくなって滞納してしまうと一体どんなリスクがあるのでしょうか?また、リスクを最大限に回避する対処方法も考えてみましょう。

落ち込む夫婦

▶︎私が支払い滞納を回避した裏技はこちら

夢のマイホームを手に入れたのに、住宅ローンが生活に影を落としていては楽しい暮らしはやってきません。

適切な方法で快適な生活を手に入れましょう。

住宅ローンが払えなくて滞納になるケースとは?

住宅ローンは、銀行や住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫のこと)などで借り入れたマイホーム資金です。

住宅の取得には大金が必要となるため、これら金融機関などで資金を借り入れて購入して、その後コツコツと返済を続けていくことになります。

多くの人が住宅ローンを利用してマイホームを購入しますが、その一方で返済が滞ったり返済に苦しむ人も多くいます。

住宅ローンの返済は長期にわたるものとなり、その長い期間には住宅ローンの返済ができなくなるような理由が発生することがあります。

住宅ローンの返済計画と実情が合わなくなった

住宅ローンの返済計画は当然のことながら、ローンを組みマイホームを取得する前に考えることです。

しかし、いくら慎重に考えた計画でも、長い年月のうちにはそれが狂いを見せることもあるでしょう。

住宅ローンを組んだ時には万全を尽くした返済計画が実情と合わなくなることで、返済が苦しくなります。

仕事がうまくいかなくなったり転職をして収入が減った!

住宅ローンの返済計画を組んだ時に勤めていた会社が倒産したり、うまくいっていた事業が立ち行かなくなったりすると、すぐに返済は苦しくなります。

住宅ローンの返済は長期である上に、比較的高額となり、家計の多くの部分を占めています。

そのため、収入の減少は大きなダメージとなって住宅ローンの返済をひっ迫するでしょう。

それ以外の借金が増えた!

マイホームを購入した後に自動車を購入したり、何らかの事情で借り入れをした場合にも、返済計画は狂いがちです。

住宅ローンの返済と合わせて複数の返済を行うのは非常にリスクの高い方法となります。

病気などで働けなくなった・入院費が増えた!

住宅ローンの返済計画で、家族や自分の病気やケガだけは予測不可能なことでしょう。

長期にわたって働けない場合には生活もままならなくなります。

また、入院するような場合にはさらに入院費もかさみます。

住宅ローンを滞納すると?

住宅ローンの返済は、毎月、そしてボーナス月などに必要となります。

滞納をすると比較的早い段階で金融機関からのアクションがあるでしょう。

金融機関から督促状や通知が来る

金融機関からの督促や支払い遅延通知などは1か月滞納すると始まります。

滞納から2か月すると、さらに話は進んで、保証会社に弁済してもらう旨の書面も届きます。

裁判所からの競売開始決定通知が来る

保証会社の弁済とは、金融機関が保証会社に住宅ローンの一括返済をしてもらうという方法です。

銀行などがマイホームの持ち主の支払い能力がないと判断すると、保証会社に代わりに一括で支払ってもらいます。

そうなると、マイホームの持ち主は保証会社に返済をしなければいけませんが、その場合の返済方法は「一括」です。

一括では支払えるはずがないため、競売で住宅を売って、その代金を返済に充てます。

競売は一般の売買の価格の6~7割程度の価格となり、マイホームも新築ではなくなるため、住宅を売ってもローンは残ったままとなることが多いものです。

競売で残ったローンはどうする?

競売をしてローンの返済に充てても残った残債は、交渉して減らしてもらうことなどできません。

そのため、再び一括請求のリスクがやってきます。

しかし、すでに住宅ローンの返済を滞納するほど経済状態は悪化しているため、支払いなどできるはずがありません。

そうなると、債務整理などの法的な手段によって残債を減らすor無くすなどの方法と取ることになります。

住宅ローンの滞納を待ってもらうのは困難

住宅ローンの返済を滞納してしまうと、それ以上待ってもらうことは非常に難しくなります。

早めに金融機関に相談して、ローンの返済方法を調整することもできますが、実際に経済的に困窮している状況では金融機関側もなかなか納得してくれません。

返済期間を延ばして月々の返済を抑えたり、ボーナス払いをなくしたりと言った調整になりますが、金融機関側はこうした変更には難を示すことが多くなります。

よほどのきちんとした計画を示さなければ、返済計画を伸ばしたりすることは難しいでしょう。

そうなった場合には、やはり住宅を手放すことも考える必要があります。

ただし、競売ではない方法で、です。

任意売却でリスクをできるだけ回避する

任意売却は、普通の不動産の売買であり、競売と比較すると高額での売却が可能となるでしょう。

結局マイホームは手放すこととなりますが、競売よりはその後の生活は楽になります。

ただし、住宅ローンの残っている物件を任意売却するにはローンのある金融機関の同意が必要です。

弁護士や司法書士、不動産業者などを介して金融機関と話し合ってもらうことになります。

住宅ローンの滞納はマイホームを失う危機へ

住宅ローン滞納は、金融機関の対応によって早期にマイホームを失うリスクが発生します。

もし本当にローンを支払えない状況が続く場合には、自分から売却へ向けて動いて、リスクを少しでも小さくするという選択肢も考えなければいけません。

まだ諦めないで!私が滞納を回避した最終手段とは?

実は私も、3年前に某銀行系の住宅ローンを滞納し、債務者となってしまいました。

支払いの滞納や遅延は、あなたの将来だけでなく周りの家族にまで被害が及びます。

あなたが返済できなければ最終的に家族や親族が責任をとることになってしまうのです。

時間が経過すればするほど、状況は悪化していきます。

『そんなこと言われても、手元に現金がないからどうしようもないんだよ!!』

と、返済に苦しむあなたの悲鳴が今にも聞こえてきそうです。

でも実は、私は5社で借りた代金の滞納を『ある方法』で回避することで救われました。

支払い滞納を回避する方法はまだあるので諦めてはいけません!

30日間無利息のキャッシングを上手く活用すれば滞納を回避することが可能なのです。

アコム

30日間無利息なので、返済する際は借りた金額のみをそのまま返済するだけでOKです。

私は30日間の間で仕事を掛け持ちして、足りない分は親族に頭を下げて工面してもらいました。

1度滞納してしまえば、例え完済できても以後5年間は信用情報に傷がつき、カード発行や賃貸契約、住宅ローンも組むことが一切できなくなります。生活が息苦しくなることは容易に想像できるでしょう。

今ならまだ間に合います。

私も利用した大手三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムなら、利用したことが他人にバレることは絶対にありません。

歴史と実績があるので安心して30日間金利0円でキャッシングすることが可能です。

【WEB申込みで最短当日受取り!】

三菱UFJフィナンシャルグループ
アコムの業界最速クレジットカード


▼クレジットカードおすすめ記事

審査が甘いクレジットカード
おすすめ人気ランキング
2015-10-14_122013 クレジットカードとは?
仕組みやメリット・デメリット
2015-10-14_122013 クレジットカードの審査とは?
通らない理由と対策方法
クレジットカードの正しい使い方
クレジットカードの支払い遅れはどうなる?
できない場合の対処方法

▼カードローンおすすめ記事

審査が甘いカードローン比較
おすすめ人気ランキング
カードローンとは?
特徴やメリット・デメリット
2015-10-14_122013 FPの私が教える
カードローンの賢い選び方
カードローン審査とは?
仕組みや流れを徹底解説
カードローン審査
に落ちる理由と対策とは?

コメントを残す