任意整理(債務整理後)でも作れる審査が甘いクレジットカードとは?

[最終更新日]2019/02/09

任意整理(債務整理中)でも作れる審査が甘いクレジットカードとは

「はクレジットカードを作れない」とネット上ではよく言及されていますが、それは間違いです。任意整理の中でも3つの状況が存在し、自分がどの状況なのかによって審査に通る可能性があります。今回は任意整理後(喪明け)が審査に落ちやすい理由や通るコツ、おすすめカードを紹介します。

任意整理とは、弁護士などを挟んで金融機関と交渉し、借金を減額し新たな返済計画を立て直すことです。利息分がカットされますので支払いの負担が軽くなります。

任意整理後(喪明け)のデメリットとしては、クレジットカードやローンの契約が一切できなくなることが有名ですね。個人信用情報に任意整理をしたことが記録されるためです。

しかし、クレジットカードが一切作れないのは非常に不便です。

「任意整理中だけどクレジットカードを作りたい」
「任意整理後5年以上たったけどどのカードが作れるか知りたい」

等と、お悩みの方もいると思います。状況によっては任意整理後(喪明け)でもカードが作れます。一体どのような状況の人が、どのカードを作れるのでしょうか。

任意整理した人がクレジットカードを作る方法

任意整理した人が作れるクレジットカード

任意整理者は3通りに分類できる

任意整理を経験した方は、以下の3つに分けることができます。

なぜ5年が区切りなのか?については、このあとの「任意整理後(喪明け)がクレジットカード審査に落ちる理由」の項目で詳しく説明します。

どのタイプに当てはまるかによって、作れるカードがあるかどうかが決まります。

①任意整理中の人

現在任意整理中であり、分割して返済をしている最中の方は、クレジットカードを作ることは非常に難しいです。

なぜなら、信用情報機関に任意整理を行ったことが記録され、他の金融機関にも見られる状態になっているためです。

手続き中にカードを作ることは契約違反

信用情報機関に任意整理の情報が登録・反映されるタイミングによっては、任意整理の手続き中にカードが作れてしまうこともあります。

しかしこれは任意整理を依頼する専門家(弁護士など)や、任意整理に応じる金融機関との契約違反になります。

万が一任意整理中にカードを作ったことが知られた場合、交渉が取り消しになり、最悪の場合残高を一括で請求される可能性もあります。任意整理手続き中は手続きに専念してください。

審査のないバンドルカードやデビットカードなどを作ろう

任意整理の返済中でも「どうしてもカードが必要」という場面もあると思います。審査の必要のないカードであれば、任意整理中でも安心して発行できます。

任意整理中の人におすすめのカード
  1. デビットカード
  2. バンドルカード
  3. 家族カード

①デビットカード

銀行口座と紐付けされ、使った分が即座に口座から引き落としされるカードです。VisaやJCB、Mastercardなどの加盟店で、通常のクレジットカードのように使えます。

三菱UFJデビット

三菱UFJデビット
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
無料
1,080円(税込)
0.2%
2~3営業日
  • 前年度1年間の利用額10万円以上で翌年も年会費無料
  • 月の利用金額合計から0.2%自動キャッシュバック
  • 三菱UFJ銀行口座を持っていれば金融ブラックでも作れる

②バンドルカード

Visa加盟店で使えるVisaプリペイドカードのことです。コンビニやATMなどでチャージをしてから使います。カード型とアプリ型があり、アプリ型はスマホでダウンロードをしてすぐに使うことができます。ポチッとチャージなら最大2万円まで後払いで利用できるので今すぐカードを使いたい方におすすめです!

バンドルカード

バンドルカード
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
無料
無料
最短即日
  • アプリですぐカンタンに登録できる!
  • 審査がないのでブラックでも安心!
  • 「ポチッとチャージ」で後払いにも対応!

③家族カード

家族がクレジットカードを持っているのであれば、そのカードに付帯している家族カードを発行してもらうという方法もあります。

普通のカードと同じように使えますが、デメリットもあります。

家族カードのデメリット

・家族カード発行は本会員(契約している家族)が手続きしないとできない
・利用明細が本会員とまとめられるため、何をいくらで購入したかバレてしまう
・請求は本会員に行く

使ったものを家族にバレたくない、という方はデビットカードやバンドルカードをおすすめします。

②既に完済して5年経過していない人

任意整理をした債務を完済後、最長で5年の間は信用情報に記録が残ります。いわゆるブラックですね。

ほとんどのクレジットカードは審査落ちする可能性が高いですが、外資系企業が発行している外資系クレジットカードは審査基準が他のカードとは違うため、審査に通る可能性があります。

イチオシはアメックスカード!

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
12,000円+消費税
12,000円+消費税
1.0%
最短1~3週間
  • 現在の収入や資産をふまえての審査
  • 営業マンからの対面申込ができる!
  • 既存会員による紹介制度がある!

アメックスカード(アメリカン・エキスプレス・カード)は20歳以上で定職があれば申込むことができます。

独自のスコアリングシステムを採用しており、過去の返済能力ではなく現在の返済能力を重視してくれます。

審査に通る確率をあげたい方は、営業部の方と面会をした上での申し込みがオススメ。必ずサイトの「営業から申し込み」を選びましょう。

独自審査のクレジットカードとは?金融ブラックの私が作れた話
2019.01.27

③既に完済して5年経過している人

任意整理を完済し5年経過すると、信用情報機関の異動情報が消えます。

「異動情報がなければ新しいカードを作れる!」と考えてしまいがちですが、少し待ってください。

異動情報が消えたあとの信用情報機関は、他社との取引が全く記録されていない、クレヒス(クレジットヒストリー)が全くないスーパーホワイトです。

スーパーホワイトとは?

信用情報にカードやローンなどの利用履歴が全くない状態。
ある程度年齢が高い場合、ローンの利用履歴がないのはとても不自然です。そのため審査に通らないことが非常に多いです。

クレヒスが全くないスーパーホワイトでも申込みができるカードとして有名なのがアコムACマスターカードです。

アコムACマスターカード

アコムAC
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
無料
無料
0.25%
最短即日
  • 消費者金融のアコムでおなじみ三菱UFJフィナンシャルグループ発行
  • パート・アルバイトでも申込みができる
  • 審査通過率年間平均60%(当サイト調べ)

アコムACマスターカードに契約をしてクレヒスを育成していけば、その取引が評価されて他のカードが作れるようになるかもしれません。

本日中に現金が必要な方はプロミスがおすすめ

プロミス

プロミス
運営会社
SMBCコンシューマーファイナンス
年会費 
金利
融資期間
初年度
2年目〜
4.5%~17.8%
最短即日
  • 最短で1時間融資
  • はじめてなら30日間無利息
  • 返済の実績があれば審査に通るチャンス

プロミスはブラックの状態でも再度融資を受けられる可能性があります。

もちろんブラックなら誰でもよいというわけではありません。任意整理した分を返済した実績があること、貸倒のリスクが低いことが条件です。

プロミスで融資OKの可能性があるパターン

・任意整理した分を延滞せずに返済している
・他社での延滞情報が記録されていない
・自己破産や貸倒をした人はNG

最初のうちは様子を見るため、10万円程度の小額融資である可能性が高いです。

きちんと返済を続けていれば、その取引が評価されて限度額がアップする可能性は十分にありえます。

任意整理後(喪明け)はなぜクレジットカードの審査に落ちる?

任意整理をすると、任意整理をしたクレジットカードと全く関係のない会社でも審査に落ちます。

その理由は、個人信用情報機関に金融事故が登録され、一定期間消えないためです。

信用情報機関の種類と記録が消えるまでの期間

信用情報機関は日本に3箇所あり、記録が残る期間に若干の違いがあります。

延滞 任意整理 個人再生 自己破産
CIC 5年 5年 5年 5年
JICC 1年 5年 5年
KSC 5年 5年 10年 10年

記録が残っている間は、いわゆるブラックという状態になります。

任意整理中や完済後の信用情報はどうなっている?

ここでは、クレジットカード会社が多く加盟するCICを例に紹介します。任意整理をしたことが分かると、信用情報の「返済状況」の項目に「異動」と、その日付が入ります。

債務整理を行い返済が完了すると「31.終了状況」の部分に「完了」と入ります。

また、取引が完了すると、開示情報の右上の「保有期限」の部分に日付が入ります。この保有期限が異動情報が消える目安です。

CICの場合、任意整理の情報保有は最長5年とされていますが、あくまでも最長。もっと早く消える場合もあるようです。

任意整理後(喪明け)にどうしても審査に通らないときはどうすればいい?

任意整理後に作れるカードはごく限られています。

だからこそ、自分に合ったカードを見極め、それに絞って申し込みをすることが大切です。

①複数のカードに一度に申込むのはやめよう

クレジットカードに申し込みをすると、信用情報機関に「申し込みをした」という記録が最長で半年残ります。

任意整理を経験している顧客の審査は、非常に慎重に行われます。他のカードで申しこみをしていることが知られると

「よほどお金に困っているのではないか」
「もう他のカードの契約をしているのではないか」

と思われて審査に落ちます。審査に通るか不安だからと複数のカードに申込むのはやめましょう。

②自分の状況にあったカードを申し込もう

「任意整理した人がクレジットカードを作る方法」でも紹介したとおり、状況によって作れるカードは異なります。

自分の状況に合ったカードを見きわめて申し込みをすることが大切です。

任意整理者におすすめのクレジットカード紹介

ではここであらためて、任意整理を経験した人にオススメのカードを紹介します。

任意整理中なら審査なしのカードがおすすめ

任意整理をしている最中はクレジットカードを作れません。審査のいらないカードで対応をしましょう。

審査のいらないカード

デビットカード
バンドルカード
家族カード

任意整理を完済済みの方にオススメのカード

完済済みでも、完済から最長5年間はブラックと呼ばれる状態ですので、一般的なクレジットカードを作るのは難しいです。

独自審査を取り入れているアメックスカードがおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
12,000円+消費税
12,000円+消費税
1.0%
最短1~3週間
  • 現在の収入や資産をふまえての審査
  • 営業マンからの対面申込ができる!
  • 既存会員による紹介制度がある!

完済から5年以上経過し、ブラックが消えたスーパーホワイトの方にオススメなのがアコムACマスターカードです。

アコムACマスターカード

アコムAC
国際ブランド
年会費 
ポイント還元
発行期間
初年度
2年目〜
無料
無料
0.25%
最短即日
  • 消費者金融のアコムでおなじみ三菱UFJフィナンシャルグループ発行
  • パート・アルバイトでも申込みができる
  • 審査通過率年間平均60%(当サイト調べ)

任意整理後(喪明け)によくある質問と回答

任意整理後によくある質問と回答

任意整理すると既存のクレジットカードは全て強制解約になりますか?

任意整理をしなかったカードでも、いずれは使えなくなります。

クレジットカードは、発行後も途上与信を行っています。そこで任意整理をしたことが知られてしまい、カードを止められます。

途上与信とは

定期的に顧客のカード利用状況や信用情報を確認し、限度額の見直しを行うこと。

「任意整理前に審査が甘いカードを作っておいたら、任意整理後もそのカードが使えた」というケースが実際にあります。

しかしこれは確実な方法ではありません。途上与信では問題がなくても、カード更新の時に更新審査があります。そこで審査に引っかかり、カードが使えなくなる可能性が高いです。

クレジットカード更新審査の内容や落ちた後の対応
2018.12.18

カード利用停止になるとETCカードや家族カードも使えなくなる?

カードが利用停止になるとETCカード家族カードも使えなくなります。

家族カードなどの限度額は本会員の返済能力に基づいて決められています。本会員が任意整理をすると、家族カードなども利用停止になります。

強制解約になったカードのポイントはどうなる?

原則としてカードのポイントはなくなります。

楽天カードの場合は自動で楽天スーパーポイントへと切り替えられるため、ポイントはなくなりません。

それ以外のカードの場合は、カード解約と共にポイントは消えますので、任意整理の前に使い切ってしまうことをオススメします。

任意整理すると海外旅行へ行けなくなる?

任意整理によって海外旅行に行けない、ということはありません。

しかし、任意整理の意義についてもう一度考えてみましょう。任意整理とは、金融機関に「返済の余裕がないから借金を減らしてほしい」と交渉することです。

返済の余裕がないにも関わらず海外旅行に行くとなると、金融会社に「海外に行く余裕があるなら借金を返せるはず」と思われ、任意整理が不利になる可能性もあるので注意しましょう。

自己破産の手続き中は海外渡航が禁止されている

債務整理でも自己破産は例外で、裁判所の許可が下りるまでは海外に行くことはできません。

まとめ

任意整理後はクレジットカードを作れないということはなく、状況によってはカードを作れる場合があるということが分かりましたね。

任意整理の後でも作れるカードを作り、少しずつクレジットヒストリーを積み重ねることで、他のカードも作れるようになっていきます。

他の記事でも、ブラックの人がカードを作った体験談を紹介していますので、ぜひご覧になってくださいね。

関連記事


この記事の監修専門家

ギーク教授
ギーク教授
元信販会社
国内唯一の国際ブランド会社の本社にて、クレジットカード・キャッシング、個人向け融資の営業、申込受付、審査、部署リーダーなど様々な業務を在職中に経験。客観的かつ公平な読者目線のコンテンツづくりに日々励む。「家族や友人の悩みを解決できる情報提供」をモットーに、お金で苦しむ人が少しでも減る原動力になりたい。

コメントを残す